妊娠線は、ひとによっては、まったくでないという人もいます。その割合は約3割であると言われています。妊娠線が出やすい7割の人と妊娠線が出ない3割の人の違いはどこにあるのか、その特徴について説明していきます。

妊娠線が出やすい人には7つの特徴があると言われています。まず、妊娠時の体重が標準体重よりも12キロ増加した人は、妊娠線が出やすいと言われています。また、それ以下の人は、妊娠線が出ないといわれています。

適度な運動や体重コントロールにより健康管理を行うことにより、変化があります。次に、元々小柄で痩せている人にも妊娠線が出やすいという特徴があります。これらの体型の人は、皮膚面積が狭いことから、普通の人よりも皮膚が引っ張られやすいといった特徴から妊娠線が出やすい状況下にあります。

次に、多胎妊娠の場合は、妊娠線が出やすい傾向にあります。多胎妊娠とはふたごを妊娠していることをいいます。この場合は、皮膚が引っ張られる面積も2倍になります。

当然のことながら1人の場合よりもお腹が引っ張られやすいという状況下にあるためです。妊娠線が出やすい状況になるのです。他にもアトピー体質や高齢出産、経産婦、乾燥肌の人も妊娠線が出やすい状況にあります。

妊娠線を消す方法とは?産後の妊娠線に使える人気クリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です