妊娠中は、嬉しい気持ちでいっぱいですが
とても大変だという事も多くあります。

妊娠中は特に、体の変化が多く
ちょっとした事がトラブルになってしまいます。

妊娠線もその一つです。

妊娠線を防ぐには自身の体の
ちょっとした変化に気付き早めに対処する事が肝心です。

妊娠線ができる初期症状としては
・痒み、又は湿疹
・皮膚のツッパリ
・お腹の重み
などが挙げられます。

皮膚の痒みは、肌のサイクルが乱れる為に
乾燥肌となり痒みを伴いやすくなります。

稀に訪れる痒みから始まり
段々と常に痒みを伴うようになります。

常に痒みを伴うようになれば
いつ妊娠線ができてもおかしくありません。
そうなる前に
稀にある痒みに気付く事が大切です。

又、肌に湿疹ができる方も居ます。

湿疹は痒みも酷く
痒みに我慢できず掻いてしまう事が
肌にダメージを与え
妊娠線ができやすい原因となります。

?きむしる事は控えて
かかりつけの病院に早急に行く事が必要です。

皮膚のツッパリとお腹の重みは
毎日の自分の体感で感じとらなくてはならないです。

皮膚のツッパリは
肌の柔軟性が足りていないかもしれません。

柔軟性が欠けてしまうと
亀裂が入り始め妊娠線が出来てしまいます。
そうなる前に、保湿ケアをして
肌の柔軟性を高める事で防げます。

お腹の重みも皮膚のツッパリと同様に
肌の柔軟性が必要になります。

お腹が大きくなっていくにつれ
妊娠線が出来やすくなる確率も高くなります。

「お腹が重くなってきたなー」
と感じ始めたら早めのケアが大切です。

お腹が重くなる事で
肌も合わせて伸びていくので
亀裂が入りやすくなり
妊娠線の原因となってしまうからです。

こういう初期症状を見逃さず
自身の体の変化をいち早く察知し対処する事で
妊娠線予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です